こうもん周り 黒い

こうもんまわりが黒い悩みを改善する人気クリームとは?

こうもん周りが黒い女性

こうもんまわりが黒いなど、アナルの黒ずみの悩みをお持ちの方はいませんか?

 

デリケートな部位ですし、自分でもなかなかチェックしない部位でもありますが、でも、この部分の黒ずみは放っておくことができません。

 

例えば、せっかく彼と素敵な雰囲気になったとしても、こうもんまわりが黒い…というような心配があると積極的になれないですよね。

 

彼に幻滅されてしまったら…と心配ですし、やっぱり自分の体には自信を持ちたいというのが女心です。

 

でも、どのようにケアをすればいいの?

 

エステに行かないとキレイになれないの?

 

など、情報を集めているという人におすすめなのが、黒ずみケアクリームです。

 

黒ずみといっても、こうもんまわりが黒いなどデリケートな部位のケアには、その部位専用のクリームを使うことが大切です。

 

例えば肌に優しく使える成分配合であることが必要ですし、こうもんまわりなどはメラニンが生成されやすい部位でもあるのでメラニンの生成を抑える作用がある成分も配合されていなければいけません。

 

こちらでは、その条件を満たす黒ずみケアクリーム、そして、実際に使っている人たちの間でも人気の高い、口コミでも評判が良い黒ずみケアクリームをご紹介します。

 

  • デリケートな部位の黒ずみに悩んでいる
  • 自宅でこっそり自分でケアしたい
  • 効果がある黒ずみケアを使いたい

 

という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

こうもんまわりが黒い…そんな悩みに効果的な黒ずみケア

イビサクリーム ※当サイト売上No.1

イビサクリームは、日本で販売されているアナルの黒ずみをケアするためのクリームとして、一番人気の商品とのこと。なので、こうもんまわりが黒いという悩みのある人たちの間でも大人気となっているようです。スキンケアの情報サイトであるスキンケア大学にもアナルの黒ずみケアクリームとして紹介されていますし、海外のトレンド情報誌であるGLITTERにも効果が高いアンダーケア商品として掲載されています。人気が高い秘密は配合されている成分。イビサクリームには、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されています。トラネキサム酸には黒ずみのもとになるメラニンの生成を抑える働きがあり、グリチルリチン酸2Kによって肌の調子を整えることができます。さらには美白成分として、植物由来の成分が4種類配合されています。実際に使ってみた人の満足度も96.4%と高評価。なので、利用者の満足度が高いケアクリーム、日本で一番人気の黒ずみケアを使ってみたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

緑
ハーバルラビット

ハーバルラビットは、有名モデルが多数使用している黒ずみケアとして話題ですし、スキンケア情報サイトのスキンケア大学、また、様々な雑誌にも掲載されるなど、話題の商品です。さらには、黒ずみケア商品アンケートにて、
使ってみたい商品、商品力、パッケージデザイン、コストパフォーマンスという4つの部門で1位を獲得しています。実際に使ってみた人たちの満足度は97.1%。今なら、公式サイトからの注文で初回限定60日間の返金保証制度がついています。もし、肌に合わなかったら?使い辛い黒ずみケアだったら?など心配な人でも安心して使ってみることができますね。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールに配合されているトラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムの2つの薬用成分には、黒ずみの元となるメラニンの生成を抑制する作用があります。ホワイトヴェールは無添加処方で、パラベンやエタノール等の刺激が強い成分を含んでいないため、こうもん周りのお肌にも安心して使用できるジェルになっています。浸透性の高いジェルになっているため、パンティやズボンへの汚れやシミを気にする心配もなく、いつでも心置きなく使えるようになっているのが嬉しいですね。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

デリケートゾーン訴求
ピューレパール

ピューレパールは、低刺激にこだわった無添加ジェル。赤ちゃんでも使えるほどの低刺激なので、敏感肌の人でも使ってみることができます。美白に効果がある成分もしっかり配合されていますし、スキンケア情報サイトのスキンケア大学でのボディケア部門ではおすすめコスメとして紹介されています。また、2015年モンドセレクションで銀賞を受賞するなどの実績もあります。公式サイトからの注文で、25日以内の返金保証もついていますから、肌が弱いので使えるかどうか心配…という人も安心して試してみることができるのではないでしょうか。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

薬用アットベリー
アットベリー

アットベリーは、ネット上での口コミ・評判が良い黒ずみケア。有名ファッション誌などのメディアでも多数紹介されるなど話題性もあります。美容成分としてはコラーゲンやプラセンタ、セラミドが配合されており、肌の外側だけでなく内側からも黒ずみケアができるという特徴があります。保湿成分によって、肌表面のバリア機能を高め、独自のトリプルサンド方式によって黒ずみだけでなく臭いのケアもできます。なので、こうもんまわりが黒いなど、アナル部分の悩みケアとしても人気があるようです。肌に優しく使えるという特徴もあり、敏感肌の人でもこのアットベリーを使っているという人が多くいます。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

イビサクリームが黒ずみケアとして人気の秘密

イビサクリーム

薬用成分と天然由来成分が配合!

こうもんまわりが黒い…というような悩みがある人の間で、イビサクリームの人気が高まっているようです。なぜなら、イビサクリームには薬用成分と天然由来成分が配合されており、それらの成分によって黒ずみのケアができるから。イビサクリームに配合されている薬用成分とは、「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」の2種類。一般的な保湿効果のある成分とは違い「薬用」ということで、より高い効果が期待できます。トラネキサム酸には、黒ずみのもとになる成分であるメラニンの生成をブロックする作用があります。医薬部外品ということで、もしかして副作用があるのでは?と気になる人がいるかもしれません。でも、副作用の心配はないとのことなので安心して使えます。ただ、即効性はありません。しかし、使い続けることによって徐々に黒ずみを薄くしていく効果が期待できます。グリチルリチン酸2Kは、肌荒れを予防し、肌を整える作用がある成分です。黒ずみの原因の1つである炎症を抑える作用もあります。また、天然由来成分である4種の植物成分も配合。この4つの成分が美白をサポートします。さらには黒ずみの大敵、肌の乾燥を守る保湿成分として、8種の潤い成分も配合されています。黒ずみのケアをしたいのであれば、メラニンを抑え、肌を保湿し、炎症を抑える作用がある商品を使うことが必須なのです。

肌に優しく使える無添加処方!

イビサクリームに配合されている成分をチェックしてみましたが、肌に負担がかかるような成分は配合されていません。なので、赤ちゃんにも使えますし、もちろん敏感肌の人にもおすすめです。「香料」や「着色料」、「アルコール」、「鉱物油」、「バラベン」などが用いられていません。こういった成分は、肌に刺激があり、どんなに肌に良い成分が用いられていたとしてもその効果が台無しになってしまうこともあるようです。でも、イビサクリームであればそういった成分は配合されていませんから安心ですね。ただ、肌質は人それぞれ。植物成分で肌荒れしてしまう人もいます。万が一、肌荒れしてしまって使えなかった…という人のために、公式サイトからの購入で90日間の返金保証がついています。なので、こうもんまわりが黒いなど、黒ずみに悩んでいる人は、まずお試してみてはいかがでしょうか。

自宅で黒ずみケアができるのも魅力!

こうもんまわりが黒いという悩みは、誰にも相談したくないですし、できれば誰にも見られたくないですよね。エステなどでケアしてもらうという方法もありますが、自宅で自分でケアしたいという人は、イビサクリームがあります。ポーチに入れて持ち歩いても違和感はありませんし、アナルの黒ずみケアクリームということは知られずに使うことができます。でも、お取り寄せするときに、配達員に中身を知られてしまったら恥ずかしい…。しかし、公式サイトから注文すれば、中身が何かわからないように配送してもらえるので安心。留守の時に、家族が商品を受け取っても、何を注文したのかわからないのも安心ですよね。

イビサクリームの通販公式サイト

こうもんまわりが黒い…そんな悩みの原因は?

こうもん周りが黒くて悩んでいる

こうもんまわりが黒い…など、アナルの黒ずみは、誰かに相談したくでもできないような悩みですよね。

 

それに、エステなどに行ってケアをしてもらうのも恥ずかしいです。

 

出来ることなら誰にも知られずにケアしたいという人も多いのではないでしょうか。

 

そんなとき、自宅でケアできるクリームが合ったら…まずは試しに使ってみたいですよね。

 

また、黒ずみにならないような対策法があれば、その対策をしたいと思うと思います。

 

なので、まずはこうもんまわりが黒いという悩みを解決するためには、黒ずみの原因について知っておきましょう。

 

黒ずみの原因はメラニンという成分

 

こうもんまわりが黒い…という悩みは、ワキや膝などにできる黒ずみと同じで、黒ずみの原因であるメラニンが多く作られてしまうこと、そして、肌の表面に蓄積されてしまうことにあるそうです。

 

メラニンが多く作られてしまう原因とは、紫外線などもありますが、こうもんまわりが黒いということになってしまうのは、トイレットペーパーや下着による摩擦などが主となっているようです。

 

そして、メラミンは茶色や黒っぽい色をした色素成分なので、肌が黒ずみになってしまいます。

 

こうもんまわりや乳首などは、メラニン細胞が活発な部位でもあることから黒ずみやすいのですね。

 

また、摩擦によって黒ずみができることを「摩擦黒皮症」といいますが、こうなってしまうとなかなか改善がされませんから早めに対策をしたいものです。

 

それでは、こうもんまわりが黒い…という悩みが出てきてしまう原因についてもう少し詳しくご紹介します。

 

こうもんまわりが黒い…その原因は?

 

こうもんまわりが黒いのは、先ほどもご紹介したようにメラニン細胞が活発な部位だからです。

 

なので、黒くなっていても当然な部位です。

 

しかし、あまりにも黒い、ガサガサしている…というのは対策をしたいですね。

 

摩擦

 

黒ずみは摩擦が原因になることが多いです。

 

デリケートな部位の肌は特に摩擦に弱いので、摩擦を受けることによって肌のバリア機能が失われ炎症を起こします。

 

そして黒ずみになってしまうのです。

 

トイレットペーパーの使い方にも気を付けたいですし、自転車に長時間乗ってお尻に負担をかける、デスクワークで座りっぱなしというような状態が続く人は、改善するといいかもしれません。

 

自転車やデスクワークについては、血行不良によって肌のターンオーバーが悪くなっているということも考えられます。

 

なので、適度にお尻を動かして血流を改善するようにしたほうが良いですね。

 

下着

 

下着による摩擦も黒ずみの原因になります。

 

Tバッグの下着はこうもんまわりに負担をかけます。

 

サイズが小さければおしりをしめつけるので、下着のサイズには気を付けるようにしてくださいね。

 

また、薄すぎる下着は冷えを招き血行不良になるので注意が必要です。

 

乾燥

 

こうもんまわりが黒いなど、アナルの黒ずみの原因は、皮膚の乾燥によって起こりやすくなりますし、悪化しやすくなります。

 

肌が乾燥していると、外部からの刺激に弱くなって、表皮や粘膜の角質層がどんどん分厚くなります。

 

この粘膜の角質層が分厚くなるのは、肌が外部からの刺激から肌を守ろうとする作用による現象です。

 

過角化すると肌がガサガサになり、肌触りも悪く、そして炎症を起こしやすくなります。

 

特に、乾燥が激しい冬場は注意が必要です。

 

ターンオーバー

 

肌は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発になることによって、新しい細胞が生まれ、キレイな肌になることができます。

 

このターンオーバーの周期は、28日といわれています。

 

でも、年齢や生活習慣などによって、周期が遅れたり早くなるなど乱れてしまっている人も。

 

周期が早ければそれだけ肌の生まれ変わりが早いので良いのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

でも、早すぎると未熟な肌細胞が肌表面に出てくるので、肌が傷つきやすく良くありません。

 

肌が傷つけば炎症を起こし黒ずみになります。

 

また、遅ければ、いつまでも剥がれるべき肌表面の角質やメラニンなどが残るので、これもまた良くありません。

 

ターンオーバーは、年齢によって差はあったとしても、自分なりの正常周期が保たれることが大切なのですね。

 

ホルモンバランス

 

ホルモンバランスも黒ずみの原因の一つ。

 

ホルモンバランスが乱れると自律神経のバランスも乱れます。

 

すると、血流が滞り代謝が悪化。

 

代謝が悪くなれば、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も悪化するので、肌の生まれ変わりに支障をきたします。

 

また、ホルモンバランスが乱れると、皮脂の過剰分泌も起こります。

 

過剰に分泌された皮脂が酸化し角栓に詰まったままになると、肌の黒ずみはもっとひどくなってしまうのです。

 

では、ホルモンバランスはなぜ乱れるのでしょうか?

 

それは年齢によって仕方がない部分もあるのですが、生活習慣やストレスなども原因になります。

 

黒ずみだけでなく健康そのものを維持するためにも、ホルモンバランスの状態を保つことは有効ですから、普段の生活習慣、運動、ストレス、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

こうもんまわりが黒いのが気になる…というのは、コンプレックスにもなってしまいがち。

 

そうなると、恋愛にも消極的になってしまいますよね。

 

なので、早めにケアをすること、そして黒ずみの原因になるような生活習慣はなるべく見直してみることをおすすめします。

 

>>ランキングを確認する

黒ずみを薄くする美白成分ってどんな成分があるの?

こうもん周りの黒ずみをケアするクリーム

こちらでは、こうもんまわりが黒い…など、アナル、デリケートゾーンに使える黒ずみケアクリームに配合されている成分についてご紹介します。

 

どのような成分があるのか、その成分にはどのような効果が期待できるのか?ということについてまとめました。

 

トラネキサム酸

 

医療の現場でも多く用いられているトラネキサム酸。

 

医療現場でも使われているという点で信頼性もありますし、黒ずみの原因になるメラニンの生成を防ぐ作用があるので、効果を期待しながら安心して使えます。

 

黒ずみは様々な刺激によって肌がダメージを受け炎症を起こすことが、大きな原因です。

 

例えば、紫外線、洋服、カミソリなどによるムダ毛の自己処理、こうもんまわりが黒いなどアナルの黒ずみはトイレットペーパーの摩擦や長時間の自転車、デスクワークなども刺激になります。

 

このような刺激によって肌がダメージを受け炎症を起こすと、肌のターンオーバーが上手くいかなくなりますし、肌本来の力が発揮され、肌を守ろうとメラニン色素が多く分泌されてしまいます。

 

そのような時に使えるのがアミノ酸の1種であるトラネキサム酸です。

 

日焼けの時にも、このトラネキサム酸を使うと良いといわれていますね。

 

ビタミンC誘導体

 

美白成分として有名なのがビタミンC。

 

でも、ビタミンCはそのままの状態では壊れやすく十分な効果が期待できないという問題もあります。

 

そこで、安定した効果が得られるように作られたものがビタミンC誘導体です。

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、実はとても刺激が強い成分です。

 

なので、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

 

しかし、市販されているハイドロキノン配合のコスメは、害がないように2%ほどしか配合されていません。

 

ですから、漂白剤といっても、塗ってすぐに効果が出るというわけでもありません。

 

美白にはとにかくハイドロキノンを使いたい!という人もいるようですが、やはりある程度の期間は必要です。

 

期待できる効果は、既にできてしまっている黒ずみのケア、そして新たに作られようとしているメラニンの生成を抑える作用があります。

 

もし、なるべく即効的に効果が出るようにハイドロキノンを使いたいという場合は、美容外科や美容皮膚科に行くともう少し濃度の高いハイドロキノンクリームを処方してもらえます。

 

副作用が出ないように、医師の指導のもとで使ったほうが良いですね。

 

トレチノイン

 

トレチノインは、肌のターンオーバーを促進する作用があります。

 

肌のターンオーバーが遅れていると、肌表面にある剥がれるべき古い角質やメラニンがそのまま残るので、シミや黒ずみになってしまいます。

 

トレチノインを使うことによって肌のターンオーバーを正常にすることができ、さらには肌の保湿効果も期待できます。

 

先ほどご紹介したハイドロキノンと一緒に使うと良いといわれています。

 

>>ランキングを確認する

こうもんまわりが黒い…解決には保湿ケアが第一!

肌が乾燥すると…

こうもんまわりが黒い…という悩みのある人に、まず行って欲しいケアは保湿です。

 

気候やエアコンなどによって肌が乾燥したり、年齢や体質によって前よりも肌が乾燥しやすくなったという人は、黒ずみになりやすいそうです。

 

それは、肌の乾燥によって肌のバリア機能が失われるから。

 

バリア機能が失われた肌は、炎症を起こしやすくなります。

 

炎症を起こせば黒ずみの原因となるメラニンが多く分泌されるように。

 

そうすると肌はどんどん黒くなってしまいます。

 

肌の乾燥は肌トラブルすべての根源!とまで言われています。

 

ですから、まずは保湿を心がけましょう。

 

でも、こうもんまわりが黒い…など、アナルの保湿っていつでもどこでもできるわけではありません。

 

ハンドクリームを塗るように、肌の乾燥を感じたらすぐに塗ることができない部位です。

 

そこで、こうもんまわりが黒いというようなアナルの黒ずみに悩んでいる人に向けて、保湿のベストなタイミングを考えてみました。

 

お風呂上り

 

乾燥のケアにはお風呂上りがベストです。

 

お湯や石鹸などによって肌の皮脂が奪われているので、手や足、顔などの保湿をするという人が多いと思います。

 

そのついでに、こうもんまわりの保湿もしてみてください。

 

えっ?アナルにもクリームを塗るの?

 

とびっくりされる方もいるかもしれません。

 

でも、黒いこうもんまわりになりたくないのであれば、アナルの保湿も必須です。

 

専用のクリームもたくさん販売されているので、そういったものを使えば肌トラブルの心配もなく安心ですね。

 

朝着替える時

 

肌の乾燥が激しい季節は、お風呂上りの保湿ケアだけでは不十分かもしれません。

 

朝、起きて着替える時もケアしてみましょう。

 

朝、シャワーを浴びる人はシャワーの後にケアしてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

こうもんまわりが黒いのは、コンプレックスになりがち。

 

でも、みんながきちんとケアしている部位か?というとそうではないようです。

 

なかなかそこまでクリームを塗って保湿をするという習慣がある人は少ないかもしれません。

 

でも、下着やトイレットペーパー、デスクワーク、自転車等によって刺激を受けやすい部位ですし、もともとアナルの周辺はメラニン細胞が活発な部位なので、黒ずみになりやすいです。

 

ですから、毎日の保湿ケアに、アナルのケアも加えてみてくださいね。

 

こちらでご紹介したお風呂上りや着替えるタイミングなら、人目も気になりません。

 

是非、ケアを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

>>ランキングを確認する

アナルブリーチングとは?

アナルブリーチング

アナルブリーチングって聞いたことはありますか?

 

海外セレブやハリウッド女優、モデルたちの間では、アナルブリーチングが流行っているそうです。

 

それは、小さい下着や水着が2000代初頭からはやり始めたことにあるようです。

 

布部分が小さい下着や水着を着ると、やはりデリケートゾーンの黒ずみが目立ってしまいます。

 

海外の人は、アンダーヘアも処理している人が殆どとのことなので、黒ずみはさらに目立ちやすいのですね。

 

だからこそ、アナルブリーチングをする人が多いとのことです。

 

アナルブリーチングとは?

 

アナルブリーチングとは、こうもんまわりの黒い皮膚をきれいにする美容法の一つ。

 

海外では、人気のテレビ番組や雑誌などのメディアでも特殊として取り上げられるほど話題になっているそうです。

 

美容外科ではレーザー治療が行われていたり、アナルブリーチング専用のクリームがドラッグストアで販売されるなど、こうもんまわりの黒い皮膚を何とかきれいにしたい…という人もどんどん増え、その需要はアップしているみたいです。

 

日本でも、ネット通販を中心に、こうもんまわりの黒い皮膚をきれいにできるというデリケートゾーン専用の黒ずみケア商品が色々登場し、販売されています。

 

美容クリニックでは、ハイドロキノンやトレチノインといった美白クリームを使った施術も行なわれているそうですよ。

 

自宅でケアができる

 

美容クリニックで、少し強めの薬剤を使ってケアをしたほうが、早く黒ずみの悩みは消えそうです。

 

でも、誰にも見られたくないという人もいますよね。

 

そういった人は、先ほども少し触れましたが、黒ずみ専用のケアクリームがインターネットで販売されています。

 

なので、自宅でケアをしたいという人は、そういったクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

 

ただし、即効性は期待できません。

 

コツコツ使い続けることで、肌のターンオーバーと共に効果が実感できます。

 

>>ランキングを確認する